35歳転職限界説は幻想

 世の中には35歳転職限界説というのがありますが転職の世界ではそんななことはないと、訴えるのはクライス・アンド・カンパニーの社長である丸山貴宏氏です。

 丸山氏はリクルートで7年間にわたって人事担当責任者を務めた人物で、自身の会社で転職をした人のデータでも平均年齢は35.2歳で平均年収も770万円となっています。つまり35歳からの転職は、平均だということができます。そのため35歳から転職してももしそれが十分な、キャリアを積んだものであれば年齢は特に障害にならないといいます。

【35歳からの転職に向いていないタイプ】
 しかし同じ35歳から転職するにしても異なる職種へチャレンジしようとするなら、転職はかなり難しくなってくるとも警告しています。また35歳でもなかには転職に向いていないと思われる、タイプの方が丸山氏の会社にも転職の相談に来られます。

 転職に向いていないタイプとは、いったいどんな人なのでしょうか。丸山氏のところにある35歳の男性が転職相談に来られ新卒で入社してからずっと同じ会社にいるので、どこか違う会社に転職をしたいと言われたそうです。

 こういうタイプの方は、転職しないほうがいいと断言します。

【リスクを負えるタイプのみが転職できる】

 その理由はいま勤めている会社ではそれなりに信用や人脈もありますが、もし転職すればこれまでのような信用や人脈は全くありません。

 しかも35歳で転職すれば当然のことですが、まわりも仕事に関してはプロとしてみるので評価もこれまで以上に厳しいものとなります。そういった意味ではゼロからのスタートというよりは、マイナスからのスタートと考えた方がいいのです。35歳から転職するのも、その人次第だといえます。
 
 転職することで何かにチャレンジしようとするぐらいの、気概がなければ安易に転職するのは危険です。いま持っているものを壊して、新たにリセットするようなタイプでなければ転職もよく考えたほうがいかもしれません。

ページ上部へ戻る