資格取得は就職に本当に有利ですか?

2014.01.17

【Q】
 資格取得は就職に本当に有利ですか。30代の女性です。転職を考えていますが、30代も半ばなので、普通に就職活動を行っても苦戦すると思っています。少しでも有利に就職活動するのに、資格取得は有効でしょうか。

【A】
 あいまいな理由で資格取得して就活しても全く有利にはなりません。

 まず、言うまでもありませんが、資格取得をしたからといって100%就職が保証されるわけではありません。資格を取らないと就けない仕事を希望しているなら、当たり前ですが資格取得が就業の大前提となります。

 しかし、何となく就活に有利かしら?とあいまいな理由で資格取得して就活しても全く有利にはなりません。

 自分がなぜその資格を取ろうと思ったのか、資格取得に要した努力、それを通じて得たこと、その資格と自分がどうその会社に貢献できるのか、具体的にはっきりと第三者に分りやすく説明そして自信を持って答えられなければ何の意味もありませんし、実際に会社に入ってからそのスキルを発揮できなければ採用担当者や会社での評判は下がります。

 とは言っても、女性に人気の医療事務の資格なんかは比較的取りやすく求人も年間を通して結構出ているので就業しやすいかもしれません。

 また今は介護現場で人手が不足している所が多いですから、こちらも資格取得することで仕事には就きやすいかもしれません。

 いずれにしても仕事の需要と供給のバランスを見てご自身が一番合っているまたはやってみたいと思う仕事の方向性を見つけ、その仕事に就くのに本当に資格取得が必要なのか考えてから行動された方がいいかと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る