やりがいのある仕事がしたくて《30歳・男性》

30歳男性
金型製作(製造)
繊維(製造)
その他

 きっかけはズバリ一言でいうと、「この会社に自分の一生を捧げてもいいと思えるか」「今の仕事が楽しくてやりがいのあるものか」この2つの質問にYESと答えられなかったからです。

 約7年間勤務し、子供もいたのでそれなりに悩みました。家族にも不安な気持ちにさせてしまい、申し訳なかったと思っています。ですが、後悔は1%もしていません。 

 就職が決まるまでの収入の確保です。失業保険でなんとかやりくりし、ある月から職業訓練校に行きました。職業訓練校にいっている間、失業保険は継続して受けることができます。基本的に学校は半年間となっていますので、それでも就職が決まらなければ本当に収入が無くなります。

 訓練校では6種類ほどの学科に分かれており、それぞれ専門的な知識を学ぶことができます。私はその間に第2種電気工事士を取得しました。

 もう一つ、以前の会社が世間でいうブラック会社だったと私は思っています。そんなこともあって、受けようと決めた会社もそうなんじゃないかと自然に思ってしまうことでした。それが原因で受けることをも敬遠した会社も数多くありました。

 結局入校して5カ月目で就職が決定しましたが、就職が決定している人数は約3割ほどと記憶しています。

 まず考えるよりも行動が大切だと思います。考えている時は、ネガティブなことばかりを頭に思い浮かべてしまい大変悪循環です。行動してもしダメだったら、すぐに頭を切り替えていきましょう。

 実は、私は就職が決まってからも幾つか会社を受けています。面接官の方は面接を担当するくらいなので、その会社のできる人が自分と対話しているのです。

 会社の上層部の方と多くの時間をとって話をする機会は、滅多にないと思いますのでよい経験にもなるのではないでしょうか。そういった視点で受けてみるのも、心の余裕が生まれよい面接ができるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る