35歳なら逆質問で差をつけよう!

2014.11.18

逆質問で応募者の意欲がわかる

 転職のための面接の終盤で、企業の採用担当者が必ず言うセリフがあります。それは、「何か質問はありませんか?」です。

 実は企業の採用担当者は、逆質問の内容で、応募者の本気度をはかっているという側面があります。35歳で希望の転職を果たしたいなら、ライバルに水をあける、絶好のチャンスです。

 きちんと企業研究したうえで、求人票や会社案内、企業のホームページで書かれていない事項について、複数の質問を用意し、メモにして、面接会場に望むようにしましょう。

 そして、その質問をされたとき、「いくつかあるので、メモを用意してもいいですか?」と聞いてみてください。あなたの本気度が、採用担当者に伝わるはずです。

会話の中から質問できることを探す

 35歳の逆質問の上級者編としては、面接での質疑応答の中で、疑問に思ったことを、採用担当者に聞いてみるという方法があります。

 「先ほどのお話の中で、募集されている仕事内容についての説明がありましたが、組織的に担ってほしい役割は何かありますか?」など、業務だけでなく、職場で求められる役割について質問するのも、企業に貢献しようという意思のアピールになります。

 質問に答えるだけでなく、相手の意図をくみ取るべく、コミュニケーションしておきましょう。

<関連記事>

関連記事

ページ上部へ戻る