面接対策でしておくべきこと

2014.11.18

面接練習は一度はしておこう

 自分の面接応対に失礼がないかどうか、事前にチェックしておくことをおすすめします。

 その方法としては、転職サイトや転職エージェントが行っている、面接スキルをアップするためのセミナーに参加したり、ハローワークの紹介なら、担当者に模擬面接を頼むという方法があります。

 家族がいれば、面接練習に付き合ってもらったり、携帯で自分の面接応対の話し方を動画で撮影し、チェックするのも良いです。

 自分の面接応対を、客観的に指摘できる方法を見つけて、一度は練習しておきましょう。案外、面接マナーができていないことに、気づくひとも多いようですから。

キャリアがあるからこそ謙虚に臨む

 35歳で面接に臨むとき、新興企業やベンチャー企業の場合、面接官が自分より年下であることがあります。

 そんなとき、自分のキャリアに自信があるひとほど、質疑応答が進むにつれて、態度が横柄になっていくケースを、よく見聞きします。

 相手によって対応が変わるような短絡的な人材を、わざわざ採用しようとする、奇特な企業などありません。

 そして、そういう対応をするのは、日ごろから自分が周囲のひとにそう接していることの証明です。転職する・しない以前に、ひととの関わり方を見直しておきましょう。

<関連記事>

関連記事

ページ上部へ戻る