将来のために円満退職しよう

2014.11.18

35歳だから円満退職が大切

 転職先に内定した時点で、自分の将来に目が向いて、退職の進め方がおざなりになるひとが少なくないようです。

 ですが、35歳で転職するとき、それまでの勤務先で築いた人的ネットワークと、一切の関わりを持つことなく、転職先で仕事をしていくのは不可能です。

 将来の自分に悪影響を及ぼす種をまかないためにも、円満退職してから、転職できるように、きちんと計画をたてて、進めておくことが大切です。

 転職計画を立てる際には、退職に必要な期間やスケジュールについても、一緒に考えておくようにしましょう。

円満退職するためにすべきこと

 円満退職をするためには、就業規則だけでなく、その会社の慣例に従って、きちんと手順を踏んで段取りすることが一番です。

 35歳の中堅社員を失う会社側にしてみれば、補充人員をどうするのか、引き継ぎのタイミングと必要な期間がどれくらい必要かなど、会社が受けるダメージを最小限にする方法を考えなくてはいけません。

 そのためにも、転職先と入社日を決定するのは、勤務先と退職日についての合意を得てからにするのが、得策です。

 自分勝手に決めた後で、予定通り退職できなくなると、転職先にも迷惑をかけることになりますから、注意しましょう。

<関連記事>

関連記事

ページ上部へ戻る