35歳で転職する目的

35歳の転職の目的を明確に

 35歳ともなれば、会社を辞めて転職する理由はさまざまでしょう。

 ですが、「会社で評価されない」「職場に人間関係に疲れた」など、現状から逃げ出すために転職活動を行っても、いまより好条件の再就職先を見つけられるほど、世の中は甘くありません。

 40代・50代の転職市場は活況ですが、マネジメント経験のない30代後半は、好条件な求人ほど狭き門なのが現実です。

 35歳で転職するからには、キャリアビジョンを再構築し、キャリアアップするための転職と、目的を明確に定めましょう。

 そのうえで、自分が持っているスキルやノウハウを、活かせる職場を探してみてください。
 

35歳なら企業のニーズも考慮する

 35歳ともなると、自分の希望だけで求人を取捨選択できなくなります。

 というのも、企業が採用にあたって、求めるスキルやニーズに応えられるかどうかで、書類選考の通過率が変わるからです。

 自分の強みや志向性が、企業の採用ニーズにマッチしているかどうかを見極め、双方にメリットのある求人に応募することが、内定の早道です。

 自分の市場価値を把握したうえで、転職の目的をどこに置くかを考え、計画をたてて実践していきようにしましょう。

<関連記事>

関連記事

ページ上部へ戻る