35歳だからこそ徹底した企業研究を

35歳が企業研究すべき理由

 35歳での転職活動ともなると、できれば定年まで勤務できる企業を見つけたいと考えているはずです。

 そう考えると、求人票を鵜呑みにして応募を検討するのは、リスクが高すぎます。

 自分が応募しようとしている企業をしっかり研究し、ここ数年の事業展開や売り上げ、利益の推移、新卒者の離職率、社員の平均年齢などから、企業の安定度を予測しておくことをおすすめします。

 また、企業研究を進めるうちに、自分が応募するにあたってアピールすべきポイントが見えてくるというメリットもあります。必ず、企業研究しましょう。
 

企業研究の進め方

 35歳で企業研究をするのであれば、新卒者のように会社案内や企業のホームページを見るだけではいけません。

 会社四季報や帝国データバンク会社年鑑、東商信用録、日経テレコン21など、投資家向けの求人情報や日ごろのニュースなどを調べるだけで、応募企業のいまを知ることができます。

 また、同業界・同職種への転職の場合、これまで築いてきた人的ネットワークを駆使して、応募企業に関する情報を集めるのも一つの方法です。

 ただし、同じように企業側が、あなたの実情をリサーチする可能性が高いことも、覚えておきましょう。

<関連記事>

関連記事

ページ上部へ戻る