転職市場価値を上げておこう

35歳は転職市場価値で応募先が変わる

 いまのご時世、新卒で就職した会社を定年まで勤め上げるのは、ファンタジーだといっても過言ではないでしょう。

 そう考えると、いつ転職したいと思っても困らないように、自分の市場価値を上げる努力を、常にしておく必要があります。

 自分の転職市場価値をあげるためには、常に目の前の仕事に全力で取り組む、失敗しても反省し次に活かせる教訓にする、不満を感じたら解決するために提案・実践する、社内外でネットワークを広げる努力をする、コミュニケーションやマネジメントなどヒューマンスキルを磨くなど、日々の努力しかありません。

 35歳ともなると、転職市場価値は個人によって大きな差が生まれます。いざというときに困らないように、困難なことにも積極的に挑戦しましょう。
 

自分の転職市場価値を知るために

 自分の転職市場価値を知りたいのなら、転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントのカウンセリングを受けることをおすすめします。

 非公開求人を数多く扱う転職エージェントは、転職市場の動向の変化をいち早く察知していますし、面接で登録者のスキルや強みを把握してもいるので、現実的な市場価値を教えてくれるはずです。積極的に登録しましょう。

<関連記事>

関連記事

ページ上部へ戻る