35歳、知っておきたい転職のポイント。

35歳ともなると、将来の幹部候補として、採否を見極められることが多くなります。そうした企業の採用担当者のチェックポイントの変化を理解したうえで、いかに自分に価値づけして活動できるかが、成否を分けると覚えておいてください。

転職準備

 35歳の転職準備は、キャリアの棚卸しや自己分析、自分の市場価値を知ることに加え、徹底した企業研究を行うことが肝になります。

 自分が持っているスキルやノウハウが、入社後に活かせる職場や職務を選ぶことをおすすめします。

<関連記事>

求人情報

 35歳ならまだ、転職サイトでも数多くの求人情報が探せます。

 ですが、キャリアアップを目指すなら、優良な非公開求人や独占求人を数多く扱っている、転職エージェントがおすすめです。

 自分の強みや志向性にマッチした求人を紹介してもらえます。

<関連記事>

履歴書や職務経歴書について

 35歳の場合、履歴書の志望動機欄には、企業ニーズと自分のキャリアがマッチすることを書きます。

 職務経歴書では、即戦力となりうるスキルと実績を中心に、チームや組織の中でリーダーシップを発揮したエピソードを盛り込みましょう。

<関連記事>

面接について

 面接では、組織運営に不可欠なコミュニケーションスキルが試されることを、35歳なら意識してほしいところです。

 最後に必ず逆質問できるよう、採用担当者との会話の中でキーワードを探し、意欲を印象付けることを実践してください。

<関連記事>

退職・入社準備について

 35歳での転職の場合、それまでの人的ネットワークが、次の仕事に活きる可能性が高いものです。

 円満退職できるよう、きちんと段取りをするとともに、転職後には最短で成果を出せるよう、しっかり入社準備をしておきましょう。

<関連記事>

ページ上部へ戻る