35歳で自己PRすべきこと

2014.11.18

自己PRすべきポイントは絞り込む

 35歳ともなると、社会人経験が豊富ですから、キャリアの棚卸しや自己分析をしたときに、いろいろなエピソードを思い出すはずです。

 その中で、自分の長所や得意分野がいくつも見つかり、自己PRに盛り込みたくなるかもしれません。ですが、応募書類の自己PRスペースは、それほど大きなものではありません。

 「詳しくは面接で聞いてください」という一文とともに、自分の強みだけでなく、企業が求めるニーズにマッチするポイントを絞り込んで、記入するようにしましょう。

35歳だから加えるべきこと

 35歳ともなると、採用後はいずれ管理職として、組織運営を担うことを期待されています。年齢的なニーズも踏まえたうえで、自己PRしておくのは、面接に進むためには大事なポイントです。

 実際に職位はなかったとしても、プロジェクトリーダーの経験や、日ごろの後輩への接し方、新入社員の教育係としての経験など、マネジメントスキルにつながるエピソードを盛り込んでおくことも、テクニックの一つです。

 また、自己啓発の一環として、コーチングを学んでいるというのも、プラスに作用するはずです。多角的に貢献できる人材であることを、アピールしましょう。

<関連記事>

関連記事

ページ上部へ戻る